9月30日練習

本日の稽古は手技と手技に対するディフェンスワーク及びパンチのみのミット打ちを行いました。

 

通常はフットワークを使いながら打撃を放つところ、今回は定位置の状態から体を十二分に伸ばし打撃を放つことを意識した稽古となりました。

 

動きながら打撃を行う場合、細かい部分は前進力でごまかせたりするのですが、定位置の場合はそれが出来ず、特にミット打ちの際には体を回転させしっかり伸ばさなければミットには届きません。

 

自分の打撃のインパクトポイントを把握するにはもってこい練習なので、これからも折りを見て行っていきます。また、定位置練習は自主トレ時にも場所を取らず出来ますので、普段から積極的に行ってください。

 

さて、10月は会場の都合で前半はまったく道場稽古が出来ません。2週間も稽古が出来なければ今まで練習したことがリセットされる可能性が非常に高くなります。よって、来週日曜日午前中に野外トレーニングをしようと考えています。

 

時間は1時間程度、近辺の公園で行う予定で、内容は型やミット打ちを中心に行います。

 

今回のトレーニングのメリットとしては会場を使わないので費用がかからないことや、休日の朝にトレーニングを行うことで休みの1日を爽やかに且つ有効に使うことが出来るところです。

 

稽古時には通常のような号令もかけませんし、練習場所も人が来ない所なので、シャイな人でも安心して練習できるかと思います。

 

休みの日に体を動かし汗をかくことは最高です。希望する会員の方は金曜日までにご連絡ください。また、土曜日を希望する方や違う時間帯を希望する方はご相談ください。