8月19日練習

本日は予定した参加者が急用で来れなくなり、久々の一人稽古になりました。

 

お盆は暴飲暴食でだらだら過ごしたため、果たして調子よく動けるかな?と最初は思ったところですが、幾分涼しくなってきたせいか思いの他よく動き、基本~型稽古~補強までみっちり稽古が出来ました。

 

前回8月初めの稽古ではあまりの暑さのため稽古途中ではバテバテになり、翌日も疲労感MAXで動けずといった感じでしたが、涼しくなったとはいえ2週間程度でここまで稽古しやすくなるとは本当に驚きです。ちなみに早朝トレーニングでも先週までとは疲労度合いが全然違います。お盆を境に気候はここまで変わるのでしょうか?

 

さて、この夏は日々の疲労感がすごかったため、ここ1ヶ月程度ですが、体を動かすと同時にお風呂にゆっくり入ってのんびりするなど、少しづつではありますがリラックスすることも日々意識・実践して生活したところ、気のせいか日々の疲労感が軽減され、概ね快適に過ごせています。

 

人間が心身ともに健康でいるためには、体を動かすこととリラックスすることが大切であると本で読んだことがあります。これは、体を動かすことで交感神経を優位に、リラックスすることで副交感神経を優位にし、両神経をバランス良く使うことにより自律神経を整え、これが健康に繋がっていくとのことでした。

 

今までは「ゴロゴロは悪」「疲れたら逆に動け」といった感じだったので、本の通りでは交感神経が優位だったのかもしれません。

 

もちろん、「機械も体も使わなければ駄目になる」という持論は捨てるつもりはありませんが、「静と動」何事もバランスが大切だと言うことです。

 

「体を動かすこととリラックスすること」是非、皆さんも試してみてください。