4月8日練習

本日は平成29年度初めての稽古でした。あいにくの雨でしたが、ベテランSさんも参加していただき、基本~ミット稽古までやりました。基本部分のみの稽古となりましたがいい汗がかけました。Sさんも久々の参加お疲れ様でした。今後ともよろしくお願いします。

 

いよいよ4月になり、体を動かすにはもってこいのシーズンになりました。忙しい社会人にとって、何かしらの運動をすることはいい気分転換になり、日頃のストレス発散にも大変効果があると思いますが、数ある運動の中でも武道はストレス発散にはベストであると私は常日頃から考えています。

 

第一に武道には単に体を動かし汗をかくだけではなく、「声を出す」「物を叩く」といった行為があります。声を出すことは呼吸を自然と深くし、体内、特に脳内の酸素量を増やし頭をスッキリさせる効果があります。また、物を実際に叩く行為は、自分の中の破壊本能を開放し、自分の中のストレスを体の外に出すことが出来ます。物を叩いた後のスッキリ感はこのためと思われます。

 

第二に「静中に静を求める」禅に対して、武道は「動中に静を求めます。」素直な心で稽古に取り組み、一つ一つの動きに心を集中することにより、自然と無心になることが出来ます。そして、日中の様々なことから一時的に心を外すことにより、心身にリフレッシュ効果をもたらします。

 

色々書きましたが、物は試しに実際にやってみることをお勧めします。心と体をバランス良く鍛えられる武道の素晴らしい効果を実感出来ることは請け合いです。