よくある質問


1.練習内容を教えてください。

 

護身に特化した空手の稽古を行っています。具体的には、ディフェンスと体の運用・体捌きで相手の攻撃を避け、「突き」「蹴り」「投げ」等を使用し制圧する練習を行います。 

 

【一般的な稽古の流れ】

 

①準備運動→基本稽古→移動稽古→型(組手型)稽古→ミット稽古

 

②準備運動→基本稽古→体捌き→約束組手→ミット稽古

 

 

 

(補足)

*1回の練習時間は90分程度で途中適宜休憩をはさみ、途中参加、途中退出もOKです。

 

*毎回、その日のテーマや参加者のレベルに応じて稽古内容は変更します。

 

*各レベルに応じた課題を設定しておりますので、毎回の練習が単調にならずモチベーションが維持できます。

 

*安全面には細心の注意を払い、毎回の稽古はスキンコンタクト~ライトコンタクトで行い怪我がないようにします。 

 

*上級者になれば、希望者に限り時間外にグローブやヘッドガードを付けてのスパーリング練習も行いますが、通常の練習では行いません。また、スパーリングの強制は各レベルを問わず一切ありません。 

 

 

2.武道経験もなく体力もありませんが大丈夫ですか?

 

毎回の運動の強度は参加する各人のレベルに合わせたものとなっており、運動に全く自信のない方でも十分に対応出来ますのでご安心ください。(実際、入会してくる方のほとんどが武道初心者です。)また、練習中にきつくなった場合は途中で休んでいただいても結構です。

 

当クラブでは性別や年代を問わず、参加するすべての方が楽しく安心して武道に取り組めるよう、無理を強いることは決してありません。ご心配であれば是非見学または体験にお越しください。 

 

3.どのような雰囲気ですか?

 

サークルといっても武道の練習会ですので規律や最低限の礼節は大切にしますが、基本的には大人の集まりとして互いを尊重しあう和気あいあいとした集まりです。

 

現在、男女問わず10代~60代の方々が在籍していますが、気軽に楽しく、そして長く修練できる場を目指しておりますので、試合向けのガチガチした練習は行わず、過度な緊張感や威圧感を排した怖くない穏やかな雰囲気づくりを心がけています。

 

 

4.入会方法及び入会後に必要なものを教えてください。

 

入会(見学・体験含む)についてはお問い合わせフォームからメール送信または直接連絡をお願いします。当方から改めてご案内をさせていただきます。その後、見学や体験をしていただき、クラブ規約を説明させていただいたうえで、クラブの方針・内容に合意していただけた場合に仮入会となります。(尚、当クラブの規約に定めるところにより入会をお断りする場合もあります。)

 

仮入会後、数回稽古に参加していただき、その後も継続して稽古に参加する意思がある場合に正式入会となります。

 

入会は高校生以上から可能です。中学生以下は保護者の方が入会し練習に参加する場合は参加可能です。

 

入会後は道着やサポーター(拳、ヒザ、スネ)の購入をお願いしますが、道着については当面の間は動きやすい服装で結構です。サポーター類については自分と相手の身を守るためにもなるべく早い段階での購入をお願いしています。また、レベルの向上に合わせて、ヘッドガードやグローブ等の購入もお願いしています。 

 

見学や体験の申し込み、その他不明な点があれば、お問い合わせフォームからお願いします。